『ザ・が〜まるちょばカンパニー 1st JAPAN TOUR』閉幕。

『ザ・が〜まるちょばカンパニー 1st JAPAN TOUR』が幕を閉じました。
昨日の荷下ろしが終わって、いま一息ついています。

4月3日神奈川公演から始まり、7月12日東京公演にて全公演終了。
28都道府県33会場47ステージでした。

全公演、全力で挑みました。本当に楽しく舞台に立てました。
ご来場いただいた全国のお客様、心からありがとうございました。
HIRO-PONさん、ケッチ!さん、MASAさん、hitoshiさん、角谷将視さん、スタッフの皆さま、本当にお世話になりました。

長いようで短く、短いようで長かった本ツアー。
思い返せばこのツアーのお話をいただいたのは去年の7月。ちょうど1年前でした。
この1年間、稽古の段階からツアーが終わるまで、たくさんのことを経験させていただき、学び、気付き、そして考えることができました。
『考える』って本当に大切だなと。それもちゃんと自分の頑固な部分をしっかり疑って、あらゆる違う角度から何度でも考え改めることが大事だなと思いました。

この1年での収穫を次に繋げて、なりたい自分になっていきます。
まだまだこれから。やりたいことはたくさんある。
感謝は忘れることなく、今後も変わらぬ努力で参ります。

今後とも応援よろしくお願いします!
本当にありがとうございました!!!





濱口啓介

ヘブンアーティスト

はじめまして。
濱口啓介(はまぐちけいすけ)です。

この度、東京都公認ヘブンアーティストに合格しました。
ヘブンアーティストとは簡単に言えば、東京都の大道芸人の公認制度のことです。

僕は大道芸や舞台などのナマモノが好きで、活動しています。
大道芸はほとんどゲリラでの活動でしたので、加えて活動の場が広がることがものすごく嬉しいです。

これからはヘブンアーティストと名乗ることができるようになりますが、まだまだ駆け出し発展途上中。
足りない部分がありすぎますので、さらにギアをあげて邁進していきます。

審査に向けて、協力や応援をしていただいた友人・知人、会場で観ていただいた皆様、そして審査員・スタッフの方々、ありがとうござました。

よーし、ここからだ。いざ!