大切なお知らせ

私、濱口啓介は、2016年4月30日付けで『ザ・が〜まるちょばカンパニー』を脱退いたしました事を報告させていただきます。
突然の報告となってしまい、本当に申し訳ございません。

自らの表現活動を模索するために、今回の決断をいたしました。

2011年にオーディションに合格させていただき、『が〜まるちょばプロジェクト』の研究生としてスタートしてから6年目に入ったところでした。
が〜まるちょばプロジェクト公演『a Go Go 供戞a Go Go 掘戞研究生企画公演『スケッチアワー』、昨年は『ザ・が〜まるちょばカンパニー』のメンバーに選出していただき、全国ツアーも体験させていただきました。
自分の力では到底できないような体験をたくさんさせていただきました。

表に出ていない間も、舞台の手伝いから様々な場での振る舞い方まで、無知な僕にたくさんの事を教えていただき、勉強させていただきました。
また、小さい頃から憧れだった大道芸活動もスタートする事ができました。

こんな何者でもない僕を育ててくださった場から退くのはとても勇気がいる事でした。
しかし、自分の表現世界の可能性を探っていく為に決断しました。
まだまだ本当に未熟で、なにも達成できておりませんが、ひとつひとつ前進していきます。

カンパニー出身である事が恥ずかしくない表現者になっていけるよう、これから頑張ってまいります。
ザ・が〜まるちょばカンパニーの濱口啓介を応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
これからはカンパニーの一員ではなくなりますが、これからもカンパニーを応援しながら自分自身を磨き、精進いたします。
そして、これからも濱口啓介は表現者として活動を続けますので応援していただけますと幸いです。

2016年5月1日 濱口啓介

『新町カウントダウン2016 〜ほなまた2015、よろしく2016〜』

2015年大晦日に『新町カウントダウン2016 〜ほなまた2015、よろしく2016〜』に出演させていただきました。

年の瀬のお忙しい中、紅白見たいであろう中、おそばを食べている中、寒い中、ご覧になってくださった方々ありがとうございました。
観てくれるかな?存在に気付いてくれるかな?と緊張していましたが、始まってしまうと、楽しくて仕方ありませんでした。
お手伝いいただいたお客さん達もありがとうございました。

地元の大きなイベントに参加できたことがとても嬉しかったです。
ほとんど徳島でパフォーマンスをやったことがなかったので、気合いが入り、こんなものも作りました。



「2016年申年」に「徳島」でしかできないモノが作ることができました。この為だけに作成した道具です。
手作り感が気に入っています。

このイベントを通して、徳島出身の「濱口啓介」という人がいる事を知っていただけたら幸いです。

最後に、このイベントはなんと学生が主となって行われたイベントでした。
素晴らしいクオリティでした。学生恐るべし。
僕が大学生の頃、こんなにエネルギーあったかな。
徳島のヤングなエネルギーから刺激をたっぷりいただいて2016年を迎えられました。
このパワーは見習うべきだし、嫉妬させていただきました。
負けじと頑張ります。ありがとうございました。



また地元で活動できるよう頑張ります。

濱口啓介

2016年のはじまり。

あけましておめでとうございます。
本年もコツコツと創作していきます。

今年も一緒にたくさん笑いましょう。
今年もよろしくお願いします。



2016年 元旦